おしゃれなインテリアで殺風景なお部屋を変身させるコツ

ミニマリストまではいかなくても、余計なものは置かず、自分が本当に気に入ったモノだけを厳選し、それらを機能的に配置して部屋をコーディネートする人は増えています。ただ、モノがなさ過ぎて、飾り気のない、殺風景なお部屋に陥りがちです。

「何とかしたいなぁ~」と思いつつも、中々腰を上げられない・・・。

”おしゃれ”と聞いただけで、「センスのかけらもない私には無理だ!」と投げ出してしまった・・・。

「殺風景で何が悪い!」と開き直った・・・。

そんな方は、おしゃれなインテリアの力を借りましょう!おしゃれなインテリアを取り入れるコツは、たったの3つ。どれも簡単で、誰にでもすぐチャレンジできます。

1、アクセントカラーとして使う

2、テイストに合うものを選ぶ

3、“Simple” is best.

お部屋に友人を招待したら、(あまりに殺風景で)「会社のオフィスかと思った・・・」と感想をもらった私でも、あっという間に、おしゃれな空間演出をすることができました。心配は無用です! センスは磨かなくてもいいんです!センスあるインテリアが、勝手に、あなたのお部屋を素敵に変身させてくれるんです。

是非、お試しください。

アクセントカラーとして使う

白い部屋

殺風景なお部屋の場合、色調が統一的であることが多いので、色でアクセントを加えてみましょう。アクセントとなるカラーを加えるだけで、パッとあか抜けた感じを演出することができます。まず思いつくのは、ラグやカーテンなどのファブリックを変えて、色味を追加することではないでしょうか?

例えば、白を基調としたお部屋で考えてみましょう。アクセントとなる色としてビビッドなカラーを選択し、ラグやカーテンに取り入れます。白が多くぼやけた色調だったお部屋が、そういった色を追加することで、メリハリがつきました!

成功です!おしゃれ感もアップしました!

いや、喜ぶのはまだ早いです。残念ながら、この方法には弱点があります。大きなお部屋であれば問題はないかもしれませんが、床や窓全体を覆うラグやカーテンの色を変えてしまうと、部屋全体の配色を考えた時に、アクセントカラーの占める割合が高くなり過ぎてしまいます。

アクセントカラーの割合が増えてしまうと、どうなるか? 白を基調としたシンプルなお部屋が、白とほかの色が混じりあっただけの、ごちゃごちゃした落ち着かないお部屋になってしまいます。心休まる快適な空間を演出するはずが、これでは本末転倒です。

“color

ちなみに、部屋の広い範囲に使用するベースカラーは、お部屋の80%くらいを占めるようにしましょう。アクセントカラーやメインカラーは20%までに抑えなくてはいけません。
カーテンやラグを変えてしまうと、小さいお部屋であればあるほど、その割合を超えてしまう可能性が高くなります。

weekly planner

色味を追加するのならば、小さすぎず、大きすぎない程よいサイズ感のものを選びましょう。壁に何も飾っていないのならそこに配置しましょう。

シンプルで機能的なお部屋にはこんな壁掛けのインテリアがピッタリ合います。これなら、さりげなく取り入れることができますね。写真などをマグネットで貼り付ければ、より一層おしゃれ感が増します!


テイストに合うものを選ぶ

ラグやカーテンなどのファブリックではなく、何か置物を飾ることでお部屋を変えたい、という方もいらっしゃるかと思います。今や空前のブームとなっている北欧調の置物は、おしゃれな雑貨屋さんに出向けば、沢山素敵なものが並んでいます。柔らかい曲線を描く独特のフォルムなど、ナチュラルな装いの置物を試した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、持ち帰っていざ飾ってみると…どうでしょう。なんだかパッとしない、チグハグ感が否めないと感じた方も多いはず。

なぜなら、ナチュラルな北欧調の置物は、機能的でシンプルなお部屋のテイストとは真逆をいくものだから!いくら素敵なものであっても、お部屋の雰囲気とかけ離れたテイストのものを飾ると、チグハグしてしまうのは当たり前のことなんです!お洋服に置き換えて考えれば、分かりやすいかと思います。

機能的で合理的、シンプルなお部屋には、ナチュラルな置物よりも、ガラスやスチールなどの無機質な素材を活用したおしゃれなインテリアの方がしっくりきます。モダンなデザインで機能性の優れたアイテムこそ、お部屋をより素敵に変身させることができるのです。

entry butler

たとえば、こんな壁掛けのインテリアなら、サイズも大きくありませんし、取り入れやすいですよ。

100円均一で売っているホワイトボードが壁にあるのとは、全く雰囲気が変わりますよね。床やテーブルなどに物は置きたくないという方でも、壁掛けなら邪魔になりませんので、気軽に取り入れることができます。




何でもいいから飾ればいい、空間を埋めさえすればいい!というものではありません。インテリアは、お部屋の雰囲気に合うものを厳選しましょう!

ミスマッチにならないように注意して選ぶことで、おしゃれなインテリアを取り入れるハードルは非常に低くなります。

“Simple” is best.”

シンプルな部屋

おしゃれなインテリアを飾るのは難しそう…と敬遠する必要は全くありません。実は、コツなどありません!

なぜなら、モダンで機能性抜群のインテリアは、周りがシンプルであればあるほど、存在感や魅力が増すものだからです。

気軽に、おしゃれなインテリアを取り入れてみませんか?

Three by Three Seattle logo

ちなみに、この記事で紹介したおしゃれなインテリアをデザインしているのは、「スリー・バイ・スリー・シアトル」という会社です。【スマート、モダン、機能的】の製品作りをモットーとしており、現代的ですっきりとしたインテリアを提供しています。ぜひ、こちらでチェックしてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*