健康と環境にいい、アロマキャンドル!

triptych top image

最近は、いろいろな場所でアロマキャンドルを目にすることが多くなりました。

色も見た目もかわいくきれいなものが増えて、インテリアの一部として置いているお店もありますね。

“lit

疲れて帰った夜、ゆらめく光とほのかな香りに癒される。

自分一人で過ごす時間だけじゃなく、恋人と一緒のロマンチックな夜もいろどってくれる。そんなアイテムになっているようです。

アロマキャンドルで気になる点

「癒しのアイテム」として人気の高い、アロマキャンドル。百円ショップでも高級雑貨店でも取り扱いがあり、人気の高さがうかがえます。

でも、使っている人からはこんな声も・・・

worried woman

X 使っているとすすが出る。

X アロマの香りより、煙の香りが強い。

X 溶けていくロウの成分は空気中に。吸っても大丈夫かな?

X 溶けていくうちに真ん中がくぼんで見た目がイマイチになるのが残念。

X かわいい形のものが多く、彼の部屋にマッチしない。

かわいいキャンドル

使い勝手や素材を気にかけている方もいるようです。またかわいい見た目から、男性向けとしては使いにくいという意見もあるようですね。

その全てを補ってくれる商品があるとしたら、試してみたいと思いませんか?

マインデザインのアロマキャンドル

triptych candles

ソイワックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名のとおり、大豆由来のワックスです。マインデザインは、ソイワックス100%でできているキャンドルなんです!

ではこのマインデザインのキャンドルが他のキャンドルとどう違うのか、具体的に見てみましょう。

マインデザインの特徴

・ソイワックス100%

大豆由来のワックスですすや煙が出にくく、空気の汚れもあまり気にせず使うことができます。


・融点が低い

45度前後で溶け出すので火をともすとまわりが滑らかに溶けていきます。ろうにさわってやけどをすることもありませんし、香りが広がりやすく火をつけずにアロマの香りを楽しむことが可能です。


・芯がコットン100%

これも環境にやさしいですよね。ソイワックスといい、このキャンドル全体がナチュラル思考の方にピッタリです。


・使用後、花器や小物入れにできる容器

低温度で溶けるので、しっかりした作りの容器になっています。使った後は、お花を飾ったりペン立てにしたりすることもできます。


・受注後、生産

「地球に優しく」というモットーを徹底するため、不要在庫を残さないよう注文を受けてから生産します。


モダンなアロマキャンドル

素材といい、使い続けられる容器といい、環境にやさしくエコ・フレンドリーなキャンドルなんです!しかも、マインデザインはロサンジェルス発祥でモダンなデザインも特徴。容器が黒板素材で作られたチョークボード・キャンドルのようにシックな色合いが多く、男性向けとしても最適!お父さんや彼へのプレゼントにもいいですよね。

プラスアルファ、嗅覚とメッセージの効果

candle samples

アロマといえば、香りで癒されるというイメージがあります。マインデザインでは、さわやかな香り、甘い香り、スパイシーな香りなど、様々な香りから選ぶことができます。

自分のご褒美に選ぶ時は自分の好みで、男性へのプレゼントの時には相手のイメージでなど、選ぶ幅があるのも嬉しいですね!

noted candle

さらに「ノーティッドキャンドル」と「チョークボードキャンドル」は容器にメッセージが書き込めるようにデザインされています。

今はスマホでメッセージを送るのが主流なだけに、「手書きのメッセージ」はもらう側にはとてもうれしいもの。時間と手間をかけたメッセージはあなたの思いをしっかりと伝えてくれます。

ノーティッドキャンドル (白)

チョークボードキャンドル (黒)

そして、嗅覚と記憶が結びつくという話はとても有名。ゆっくりと過ごす時間にこのアロマキャンドルをともし、温かいメッセージを見ながらあなたを思い出してもらう…

あなたのイメージアップ、間違いなしです。

今までのアロマキャンドルでは物足りなかった方は、マインデザインのキャンドルをぜひチェックしてみて下さい!

big_chalk_tight Triptych Black Noted green 2

この記事を書いた人
かずき ゆう
自分の体調不良や子どものアレルギーをきっかけとして、心と体にいい生活を模索しながら実践中。アロマテラピーのインストラクター資格を持つ。

写真出典:http://www.ashinari.com/2012/12/24-374385.php

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*